みやざわ皮膚科

横須賀市大津町の皮膚科、みやざわ皮膚科

〒239-0808 神奈川県横須賀市大津町1-16-6
中央商工ビル2F
TEL 046-834-4112(よいひふ)
※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎

症状

① かゆみのある、
② 左右対称に関節部などの好発部位に赤いぶつぶつした発疹が、
③ 長期間(乳児で2ヶ月以上、その他では6ヶ月以上)続く
場合、アトピー性皮膚炎と診断します。

年齢により以下のような発疹の特徴があります。

乳児期 :顔面、頭皮にぶつぶつ、じくじくした発疹ができる。
小児期 :全身がかさかさし、ひじの内側、ひざの裏側にぶつぶつした発疹ができる。
青年期以降  :顔面、上半身を中心にかさかさ、ごわごわした発疹ができる。

 

頻度

軽症例も入れれば、小児の約15-20%、成人の2-10%の頻度で比較的多い疾患です。
きちんと治療すれば、小学校卒業時には寛解する小児が多いです。

 

原因

①遺伝因子と②環境因子が複雑にからみ合って発症するといわれています。

①遺伝因子
皮膚のバリア機能が弱い(皮膚の角質細胞内の天然保湿因子、角質細胞間のセラミドが少ない)
外から入ってきたアレルゲンに反応しやすい(IgEを作りやすい体質)。

②環境因子
アレルゲン(ダニ、ハウスダスト、花粉、カビ、食物など)
アレルゲン以外(汗、乾燥、引っかくなどの物理的刺激、石鹸などの化学的刺激、ストレス)

近年、フィラグリン遺伝子異常などによる皮膚バリア機能の低下が発症メカニズムのひとつとして注目されています。
バリア機能が破綻した皮膚からアレルゲンが入り、皮膚炎を引き起こすという考え方です。

 

治療の目標

短期間で完全に治すことはできませんが、
時間をかけて地道に治療を続けることで、
“症状があっても軽微であり、日常生活に支障がなく、薬をあまり必要としない状態”
を目指します。

 

治療法

スキンケア、炎症を抑える治療、悪化因子の除去が3本の柱です。

スキンケア
正しい皮膚の洗浄法、保湿剤による保湿により皮膚のバリア機能を高めます。

炎症を抑える治療
ステロイド外用剤、タクロリムス(プロトピック)外用炎症を抑えます。
かゆくなくなるまでではなく、炎症が治まるまで外用するのがポイントです。
再燃しやすい患者さんには、よくなっても週に2日のみステロイドやタクロリムスを定期的に外用するプロアクティブ療法を行うと、再燃が少なくなり、クオリティ・オブ・ライフが改善します。
血液検査でTARCという客観的なアトピーの重症度を測りつつ、外用の強さを弱めていきます。
かゆみがひどい場合は、掻くことで発疹が悪化することを予防するため、抗ヒスタミン剤の内服を併用します。
非常に重症の場合は、紫外線療法(ナローバンドUVB、エキシマライト)、免疫抑制剤であるシクロスポリンの内服も考慮します。

悪化因子の除去
問診、採血でのアレルゲン検査、必要によってはプリックテストで悪化因子を知り、可能なものは除去します。
ただ、すべて除去するとなるとストレスがたまったり、栄養状態が悪くなったり逆効果となる場合も多々ありますので、ライフスタイルに照らし合わせて、何を除去するか考えていく必要があります。

 

外用の抗炎症薬の特徴について

ステロイド外用剤
ステロイドは体内で分泌されている、生命維持に必要なホルモンで、ストレスなどに打ち勝ち、炎症を抑える作用があります。
ステロイド外用剤は刺激やかぶれなどの副作用が少なく、高い抗炎症作用があり、またきちんとした指導の下で外用している場合は全身的な副作用に関してはほぼないと思われます。
顔面などに長く外用すると赤ら顔になるなどの局所的な副作用が出現することがありますので、顔面については、炎症が改善してきたらタクロリムス外用に切り替えたほうがよいと考えられています。

タクロリムス(プロトピック)軟膏
免疫抑制剤の外用剤です。
ステロイドに匹敵する抗炎症作用があります。
分子量が大きくて正常な皮膚からは吸収されない点から、アトピー性皮膚炎に使用するのに適した外用剤です。
欠点は、炎症がひどいときに使用すると刺激感が強いことで、ある程度炎症が改善してからステロイドから切り替えるという使用法が勧められます。
2歳未満と妊娠中、授乳中は使用できません。

非ステロイド抗炎症薬外用剤(アンダーム、スタデルムなど)
いわゆる消炎鎮痛剤や湿布に含まれる成分の外用剤です。
以前は顔面のアトピー性皮膚炎によく使用されてきました。
抗炎症作用は弱く、効果が保湿剤とほとんど変わらないこと、高率にかぶれをきたすことなどで、タクロリムスがある現在、アトピー性皮膚炎では使用しないほうがよいという考え方が主流です。