みやざわ皮膚科

横須賀市大津町の皮膚科、みやざわ皮膚科

〒239-0808 神奈川県横須賀市大津町1-16-6
中央商工ビル2F
TEL 046-834-4112(よいひふ)
※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

とびひ(伝染性膿痂疹)

水疱性膿痂疹(一般的な“とびひ”)と痂皮性膿痂疹があります。

 

水疱性膿痂疹(一般的な“とびひ”)

症状

主に夏場に乳幼児に小外傷部、虫さされ、湿疹を引っかいたあとに、水ぶくれができ、それが破れ、細菌を含む水疱内容物が周辺や遠隔部位に”飛び火“して新たな水疱ができます。

 

原因

主にブドウ球菌による皮膚の感染症です。
自分の鼻に常在しているブドウ球菌や他の“とびひ”の子供の水疱内容物に接してうつります。

 

治療

シャワーなどで洗い清潔を保ち、抗生物質の外用や内服を行います。
発疹は伝染しないよう包帯しておく必要があります。
湿疹を伴う場合は、抗生物質の内服をしつつ、ステロイド外用を行うこともあります。

 

痂皮性膿痂疹

症状

水疱はできず、膿を持ったような黄色から茶色のかさぶたのような発疹が多発します。
年齢、季節には関係しませんが、アトピー性皮膚炎の患者さんに多い傾向があります。

 

原因

主に溶連菌による皮膚の感染症ですが、ブドウ球菌との混合感染であることも多いです。

 

治療

抗生物質の内服外用を行います。
溶連菌感染による腎炎の併発の予防のため、発疹が軽快した後も抗生物質は10日ほど長めに内服します。