みやざわ皮膚科

横須賀市大津町の皮膚科、みやざわ皮膚科

〒239-0808 神奈川県横須賀市大津町1-16-6
中央商工ビル2F
TEL 046-834-4112(よいひふ)
※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

巻き爪・陥入爪

巻き爪・陥入爪

原因

不適切な靴(幅が狭い、大きすぎる、ヒールが高すぎるなど)の着用、爪の切りすぎにより、特に足の親指の爪に生じます。

 

症状

巻き爪:爪が丸く巻いてしまい、巻いてしまったために痛みが出たり、爪の端が食い込んで痛くなったりします。

陥入爪:爪の端を切りすぎた場合や、巻き爪が原因で、爪のとがっている先が、食い込んで痛みが生じます。爪が刺さっている部分に赤い肉芽ができてじくじくすることもあります。

 

治療

まずは足にあった靴を履く、爪を四角く切るなどの生活改善がベースになります。

軽症の場合
テーピング法、コットンパッキング法で爪の端が食い込まないようにしつつ、爪を伸ばします。

肉芽ができた場合
必要により液体窒素療法や局所麻酔のうえで電気焼灼をおこないます。その上でテーピング、コットンパッキング、場合によっては点滴チューブを利用したガター法で爪が刺さらないようにしつつ爪を伸ばします。
自費にはなりますが、ナオルン人工爪による爪補正も痛みが少なく効果的です。

 

根治療法

爪が巻いているのを根本的に直す方法として、従来は爪の根元の一部を切除する手術療法が主流でした。しかし、痛みが強い、爪の幅が狭くなるなどの欠点がありました。
最近では(自費診療になりますが)、巻いた爪を痛みと伴わないで矯正する方法がとられるようになりました。
具体的には爪の巻き方やライフスタイルにより、以下の方法があります。

爪クリップ:爪の先につけるクリップで取り外しができて便利です。紛失しやすいという欠点以外は、通院の手間が少なく、手軽に治療できます。爪の巻き方が高度の場合は装着が困難です。

マチワイヤ:伸びた爪に穴を開けてマチワイヤを通します。伸びた爪が靴下などにひっかかることがあります。1-2ヶ月に1回ワイヤーをいれかえます。

3TO(VHO):爪の両端にワイヤーをかけて巻き上げて人工爪で固定します。装着に15分~30分かかるので、予約制で行っています。2-3ヶ月に1回ゆるくなったワイヤーを締めなおします。靴下に引っかかることなく、運動もできます。

ナオルン人工爪による爪補正:爪の変形が著しい場合、肉芽形成がひどい場合、爪が欠けたり、割れたりしている場合に適応になります。爪の不要部分を取り除いた後、ガラスフィラーによる人工爪を作り、それをもとに爪の根元から新たに伸びてくる爪を誘導して、強制的に爪を平滑に伸ばして補正していく方法です。
運動などで治療した爪に負担がかかる場合はさらにゴムフィラーで補強します。
ゴムフィラーをつけなければネイルアートも可能です。